【撮/他】 メルヘン交差点周辺 ★★★☆ 【小樽市】

北海道【道南】
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

ノスタルジックな雰囲気漂う小樽の超有名観光地

 小樽運河から北一硝子六花亭小樽運河店などがある堺町通りを通ってメルヘン交差点までの区間は小樽を代表するバリバリの観光地です。
ガラス細工店や洋菓子店などを始め、個性的な雑貨や飲食店が軒を連ねているので日中は買い物を兼ねた観光客でごった返すエリアです。

そんなメルヘン交差点の一角にあるのがオルゴール堂小樽本店です。 建物の前にある蒸気時計は15分毎に汽笛のような蒸気を出してメロディーが流れます。

 このオルゴール堂の2階から見る店内が個人的に好きです 1階はお土産用の廉価なオルゴールがメインで人もたくさんいますが、2階に登るとちょっと高価でおしゃれなオルゴールが並んでたり、非売品の珍しいオルゴールも展示されていて博物館のように楽しめます。 2階は比較的人も少ないのでオススメ。

そのオルゴール堂の向かいにドゥーブルフロマージュなどで有名な洋菓子店、ルタオ本店があります。 たぶんメルヘン交差点で一番目立つ建物。 百貨店の北海道物産展でも常連の店で、連日多くの観光客が押し寄せる有名洋菓子店です。  写真がピンボケしまくりで恐縮ですが、ドゥーブルフロマージュをカットで食べることが出来ます。 確か350円くらいだったかと。 少々控えめな甘さがまた上品な味わいでした。

 そんな感じでメルヘン交差点や堺町本通りは小樽のお土産スポットなので買い物する分には昼間に行ってもいいですが、シーズン時にもなるとここは原宿かってくらい人でごった返すので雰囲気はあまり無いかも。 小樽らしいノスタルジックな雰囲気に浸りたいなら夜がオススメです。 このエリアのお店は閉店時間が意外と早く、18:00を過ぎるとほとんどのお店が閉店します。 そこからだんだん人通りが少なくなってくるので、昼とは全く違う雰囲気が漂います。

 お店が閉まると昼間の賑やかさが嘘のように静かになって、メルヘン交差点や堺町通りの本来の雰囲気が増してきます。 日中と比べると意外なほど人も少なくてオススメです。

 ただ、建物の一部はライトアップしますがそれも意外と短く、21:00を過ぎるとほとんど消えてたような記憶があります。 小樽の夜は早いなー・・・

 あと次点で、これも人通りの少ない早朝もオススメ。 ガランとした堺町通りをバイクでトコトコ走るのも結構楽しいです。

◆ メルヘン交差点周辺 (堺町通り)

案内:道道17号線小樽運河付近より一本内側の通り、案内はあるはず
※堺町通りは運河→メルヘン交差点の一方通行

料金:オルゴール堂や北一硝子は入館無料、他は施設による

バイク駐輪場:無し
小樽観光振興公社観光駐車場にて二輪200円/日にて駐輪可※地図※
メルヘン交差点まで徒歩約15分

営業時間:ほとんどの店舗が9:00前後~18:00前後。詳しくは下記HPを参照
・ライトアップは大体日没~22:00頃まで?

所要時間:60~120分

HP:堺町通り商店街

【訪問時期:2013年6月/最終更新:2019年5月】

★Googleマップで【メルヘン交差点】を見る★

◆◇◆◇北海道【道南】の記事一覧へ戻る◆◇◆◇