あの異様に安い中華食堂「中華食堂 一番館」が気になる 【町田市など】

その他グルメ
スポンサーリンク

店頭にガッツリアピールされてる低価格のメニューたち

 町田や本厚木にお出かけしている時にいつも気になっていたのがこの中華食堂 一番館と言ういかにも中華料理のチェーン店っぽい店構えのお店。
 店頭に出ているメニューを見ると、ほとんどの料理が”某”王将よりも2割ほど安いラインナップ。 このご時世にこれほどの低価格でやって行けるんだろうかと心配になってしまうほどの価格設定。

 とはいえ、値段の安さゆえに味に期待できなかったからか敬遠してしまい、なんだかんだ行かなかったんです。 でも今回、安く手っ取り早く飯を済ませたいけど地元に無い店がいいなぁという妙なテンションだったので、Sガストと悩んだ末に中華食堂一番館 町田店に行ってみました。

 店内は奥に細長く、手前にカウンター席、奥にテーブル席&厨房って感じで、チェーン店っぽく無機質かつ明るい雰囲気。 ラーメンやチャーハンをメインにセットメニューや麻婆炒飯や唐揚げ炒飯などちょいと変わり種なメニューも。 セット価格でも600円前後と言う安さはやはりチェーン店の中でも激安の部類なのでは。

 でもまぁとりあえず安く済ませたいってのと、まずは基本からいきたいので炒飯380円(税込)(⇒期間限定で300円でした) を注文。
 カウンター席から厨房は遠かったんで、調理中の様子は全く見てませんでしたが、注文後に中華鍋を振る音が聞こえたので、しっかり作ってる・・・と思いたい(笑)

 まぁ叉焼?の割合は気持ち少ないかな?って思いましたが、代わりに卵率がやや高めだったのとそこそこにパラパラ炒飯なのが好印象。
 味もほんの少し薄めかな?とは思いつつ、別に卓上調味料でなんとでもなる範囲ですし、下手に濃いよりかはマシなので、結果値段の割にイケる炒飯といった感じ。 低価格ながらもしっかりスープが付いてくるのもいいですね。

 そしてもう一つ、餃子4個 150円(税込) も注文。 6個だと税込200円となり、某王将の餃子(関東地区価格)よりも税込換算で2割以上安いことになります。

 餡はやや野菜が多めながらもしっかりと入っているのと、そこそこに味付けは濃いのでご飯のお供としても必要十分なクオリティ。 でもまぁさすがに某王将の餃子よりもチープな味なんですが、値段の割にイケるかなと。 でもやはりこの値段に過度な期待はするもんじゃないなと。 

 ・・・と言う訳で、なんの料理でも”値段の割に”イケると言った感想しか出てこない可能性あります。

 そもそも中華食堂一番館って駅前や繁華街メインに展開しているので、ライバル店としては日○屋だったり牛丼チェーン店だったり立ち食い蕎麦系だったりとチェーン店最下層の価格帯のお店と張り合っているんだと思います。
 そんな中で激安中華食堂チェーンと言うのは意外と少なかったジャンルなのかなと思われます。 某王将ですら、これらチェーン店よりもほんの少し上のランクですし。
 そういう意味では、ちょいとお財布が寂しい時にたまに使う程度であればここは全然アリなんかなと思います。

 ちなみに町田店の他には、都区内+その周辺をメインに展開していて、後はなぜか長野に2店舗あります。

◆ 中華食堂 一番館 町田店 ◆
住所:東京都町田市原町田4-11-13

料金:餃子4個150円,6個200円/炒飯380円/かけらーめん290円など
バイク駐輪場:無し
アミックスパーキング ※地図※
【最初の30分無料/以降30分毎100円(屋内)又は1時間毎100円(屋外)/計74台収容(全台大型OK)/24時間営業】
周辺有料駐輪場を検索
全国バイク駐車場案内バイクを停めたい

営業時間:11:00~24:00(閉店30分前L.O)
定休日:無休

HP:中華食堂一番館

参考HP:食べログ/中華食堂一番館 町田店

【訪問時期:2019年7月/最終更新:2019年9月】

★Googleマップで【中華食堂一番館 町田店】を見る★

◆【その他グルメ】の記事一覧へ戻る◆