ローカル夜市”雙城街夜市”の超人気店「鴻水餃牛肉麵」でニラ餃子!

その他旅記録
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

マイナーだけど活気ある夜市で絶品ニラ餃子を食べる!

 お土産探しもひと段落したので、そろそろ宿に戻って士林夜市散策と行きたいとこでしたが、今回どうしても食べておきたい絶品グルメがあったので、MRT「中山国小駅」に降り立ちました。

 この中山国小駅から徒歩4分くらいの所に「雙城街夜市(そうじょうがいよいち)」という夜市が開かれています。
 数ある台北市内の寄り地の中では比較的小規模&ローカルながらも非常に人出が多い事と、周辺に路地風の商店街もあることから昼に行っても活気があるという点が魅力でしょうか。

 メイン通りは2車線程度の車道を封鎖する形で屋台が展開していて、全長100m程度の夜市。

 実は前回の台湾旅行の時はこの辺の宿を取っていたので夜に散策したんですが、あいにくメイン通りが道路工事中で夜市がやってなかったんですよねー。
 今回はそんな前回のリベンジも兼ねて、気になっているニラ餃子のお店へやってきました。
 それがこちら、鴻水餃牛肉麵です。 なんか周辺に似たような屋台があってぱっと見どこかわかんないかもですが、とりあえず屋台中央の「鴻」マークを目印にしたら良いかと。

 見ての通り、ニラが入った水餃子と牛肉麺がメインの屋台でして、特にニラ餃子が絶品との事なのでこれは1度は食べてみたいと思っていました。

高雄最大級の夜市「六合夜市」で夜食探し!【台湾一人旅】
台湾と言えば夜市!高雄にも大きな夜市が点在  台湾一人旅で桃園空港から高雄に移動して、龍虎塔やら旗津島やら観光に行っていたらすっかり夜になって、ホテルに戻ったのが21時頃になってしまいました。  まぁ初日からこれだけ移動&観光し...

 さすがに人気店なので20人程度の行列が並んでいました。
 テイクアウトも出来るっぽいですが、屋台周辺にテーブルが数席あるので空いていれば座って食べることができます。 今回はちょうど席が空いたタイミングだったのですんなり座ることができました。
 店頭で注文して席に着いてしばらくすると、韮菜水餃(ニラ水餃子) 1皿60元と牛肉麺 小110元が来ました。
 ちなみにニラ水餃子は2023年3月30日より1粒7元(1皿70元)に変更との事。

 ニラ水餃子は1皿(一份)に10粒入っています。
 そういや高雄の夜市でも水餃子を食べたんですが、こちらはニラ水餃子という事もあって見た目からしてニラの緑色が目立ちますね。

高雄最大級の夜市「六合夜市」で夜食探し!【台湾一人旅】
台湾と言えば夜市!高雄にも大きな夜市が点在  台湾一人旅で桃園空港から高雄に移動して、龍虎塔やら旗津島やら観光に行っていたらすっかり夜になって、ホテルに戻ったのが21時頃になってしまいました。  まぁ初日からこれだけ移動&観光し...

 台湾の水餃子は日本のと比べると皮が厚くてやや小ぶりなのが多いそうですが、こちらの水餃子は皮はやや薄めでございます。
 食べてみると見た目通りニラの風味がぶわっと香る美味しい水餃子でして、それでいて肉の旨味もしっかり味がしてとても美味しいです。

 試しに中を見てみると確かにニラがたっぷりですが、繋ぎのように豚肉もそこそこ入っています。
 皮が薄いこともあってニラと肉の旨味が強いので、ビールのおつまみとして食べるのが良いかもしれません。
 周辺のコンビニとかであらかじめビールを買っとけばよかったですねー。

 牛肉麺はあっさり目の醤油風味?っぽいスープとちょいボソボソのうどんのような麺の優しい味わい。 少々薬膳っぽい香りもありました。
 サイズも小さめなので1人で水餃子1皿と牛肉麺小のセットでも充分いけちゃいます。

◆ 鴻水餃牛肉麵 ◆
住所:台湾台北市中山區雙城街與農安街交叉處之雙城美食街
・雙城街夜市メイン通りのほぼ中間地点らへん、「鴻」マークが目印
料金:韮菜水餃1皿70元、牛肉麺小110元など
営業時間:18:00~23:30
定休日:水曜日
【訪問時期:2023年3月/最終更新:2023年9月】
★Googleマップで【鴻水餃牛肉麵】を見る★

ついでにルーローハンの名店「黄記魯肉飯」にも立ち寄り

 もうちょいお腹に余裕があったので先ほどの雙城街夜市のすぐ近くにあるルーローハン(魯肉飯)有名店「黄記魯肉飯」にも行きました。

 黄記魯肉飯は台湾らしいオープンスタイルの食堂でして、店名通りルーローハンをメインに一品料理を一通り取り揃えています。
 なんの料理かわからないけど、デカい鍋にいろいろなモノが煮込まれてるとどれも美味しそう・・・

 けどまぁちょっとルーローハンが食べたかっただけなので魯肉飯 小35元のみにしました。
 150円ちょっとという格安ごはんですが、「小」だとホントに小さいのでなんかこれだけ食べに食堂のテーブルに居座ってるのがちょい申し訳なく感じちゃいました。 副菜とかも食べるべきだったかもですね。

 今回の旅行ではあまり八角や謎の薬膳っぽい香りの料理にはあまり出くわさなかったんですが、こちらのルーローハンはまぁまぁ八角の香りが強めでして、本場台湾らしいルーローハンと言えるかもしれません。
 八角の独特な香りが好きか嫌いかは結局人次第ですが、日本人はあまり八角の匂いに慣れてないのでちょい嫌悪感があるかもしれませんねー。

 八角はさておくと「黄記魯肉飯」のルーローハン自体は肉に味はしっかりしみ込んでるし脂自体も美味しいので、八角入りルーローハンとしては観光客にもオススメな一品だと思います。

 もうちょい料理名とかでどんな料理かわかれば他にもいろいろ注文したいところですが、当方そこまで知識もコミュ力があるわけでも無く。
 でも他の料理もおいしそうだったのでまた雙城街夜市に行くときは鴻水餃牛肉麵とセットで行くかもですねー。

◆ 黄記魯肉飯 ◆
住所:台湾台北市中山北路二段183巷28號
・雙城街夜市より少し南側、晴光公園そば
料金:魯肉飯大50元/小35元など
営業時間:11:30~20:30
定休日:月曜日
【訪問時期:2023年3月/最終更新:2023年9月】
★Googleマップで【黄記魯肉飯】を見る★

◆【その他旅記録】の記事一覧へ戻る◆

 
西門町をぶらり歩いて「阿宗麺線」を食べに行きました【台湾一人旅】
いつでも大行列な人気麺線店  ホテルに荷物を預けたので、遅めのお昼ご飯と言うかおやつ探しに西門町まで移動してきました。  西門町はよく「台湾の原宿」と言われるように若者の街でして、それこそ竹下通りのような安くておしゃれなファッションやグ...