【撮】 ハートロック ★★★ 【今帰仁村/古宇利島】

九州・沖縄
スポンサーリンク

某CMで話題沸騰。ハートに見える?不思議な岩

 古宇利島のほぼ最北端にあるハートロックと呼ばれているスポットは元々は知る人ぞ知るプライベートビーチ的なスポットだったそうですが、2013年頃?にJALのCMで嵐が訪れた場所として一躍有名になった観光スポットです。
 今では古宇利島を代表する観光地の1つとして大々的にアピールされているのでシーズン時にはかなりの観光客が訪れるようです。

 ハートロック周辺の駐車場からハートロックまでは徒歩3~5分ほど。 周りは駐車場だらけでどこが入口なのか分からなくなりますが、どうやらハートロックがあるのはティーヌ浜と言うそうなので、ハートロックもしくはティーヌ浜という案内に従って細い遊歩道を歩いていきます。

 道中はかなりゴツゴツとした岩だらけな道中なのでハートロックに着くまではしっかりとした靴で行くのが無難です。

 しばらく歩くとようやくハートロックが見えてきます。 このようにプライベートビーチのような小さな砂浜に、高さ3mほどの不思議な形をした自然岩が2つ海辺に鎮座しています。

 うーん、確かにハートに見えなくもないかな? 特に後ろ側の岩がハートっぽいですが。
 どうやら日の傾きによって砂浜にハートの影が映るらしいんですが、見る限りそんな影は見当たらず。

 で、どうやら2つの岩を重ねるように見た時にハートに見えるとのことで角度を変えてみたんですが、ハートかな・・・?
 どちらかと言うと読売ジャイアンツのロゴマークに見えなくもないんですが。

 そんなわけでハッキリとしたハートは見えなかったんですが、確かにプライベートビーチっぽい幻想的な砂浜でこれはこれで絶景でした。
 シーズン時だと大混雑するほど人気の観光スポットですが、朝8時頃に行ってみたらほぼ貸切状態だったので朝早めに行くのが狙い目でしょうか。 日の当たり具合的には日中がベストかもしれませんが。

 砂浜部分は非常にサラサラとした砂なので、砂浜や波打ち際まで行くならビーチサンダルは必須です。 また、ゴツゴツとした岩の上から見る分には砂は入り込まないので、むしろビーチサンダルだと足を怪我する恐れもあるのでしっかりとした靴が必須となります。

駐車場について

 そんな感じで急激に話題になった場所なので、今ではハートロック周辺には有料の駐車場がまるで縄張り争いかのように立ち乱れています
 四輪基準の料金ですが、やや離れた場所にある駐車場で1回100円程度ですが、無料の駐車場が無いかと奥に進んでいくと結局1時間300円,1日500円の駐車場※地図※が最後で、その先Uターンもままならない道が続いていくだけです。
 まぁやや離れた場所と言っても徒歩で2~3分しか変わらないので100円の駐車場が空いていればそこがめっけもんだと思って入った方が無難でしょうか。

 で、今回はこのパーラー渡海原駐車場を利用しました。 早朝でも無人営業で解放されているので停められるっていうのもメリットの1つでしょうか。

 料金は駐車場にある小さな売店の前にこのようなかわいいシーサー型の料金箱があるので、シーサーのお口に100円を入れればOKです。 二輪料金の表示は無いですが、まぁ四輪100円なら同額と思ってもいいでしょう。

 この駐車場のメリットは無料でサンダルを貸してくれることと100円で足洗い用のシャワーがあることです。
 前述のとおり、砂浜まで進むならサンダルでないと靴に砂が入り込んで悲惨なことになるのでサンダル必須ですが、ここなら無料で借りられるのでわざわざ準備する必要が無いってのは、最低限の荷物で沖縄ツーリングしている時にはありがたいサービスです。

★Googleマップで【パーラー渡海原駐車場】を見る★
・上記地図でGoogleナビをする場合、最後駐車場に入るときに約300m深砂利の下り坂を走らされるかもしれません。すぐ近くに舗装路でアクセスできる道があるのでそちらを利用しましょう。
※【Googleナビでパーラー渡海原駐車場に行く用の地図】※

◆ ハートロック ◆
住所:沖縄県国頭郡今帰仁村字古宇利
古宇利島を一周する村道の北側。道中何か所かに案内板があります

料金:見学無料
バイク駐輪場:周辺には有料の駐車場が何か所もあります。 バイク料金(大体100円)を設定している駐車場もありましたが、四輪でもおおむね100~300円なので100円の駐車場に入ってもいいかと。

見学時間:自由(ほとんどの有料駐車場は夜間閉鎖)

所要時間:40~60分

【訪問時期:2019年10月/最終更新:2019年11月】

★Googleマップで【ハートロック】を見る★

◆【九州・沖縄】の記事一覧へ戻る◆