【撮】 ラピュタの道(天空の道) ★★★☆ 【阿蘇市】※閉鎖

九州・沖縄
スポンサーリンク

熊本地震の影響で2019年現在も閉鎖。このまま廃道になる可能性大

2016年4月に発生した熊本地震の影響により、ラピュタの道はほぼ全域にわたり土砂崩れや地盤沈下や地割れが発生し閉鎖されていて、2019年時点も車・二輪・歩行者問わず完全通行止めとなっています。 ミルクロード沿いに展望台を整備すると言う情報もありましたが、2019年時点ではそのような整備もされていません。
 現在はミルクロードからラピュタの道に通じる道路に牧草ロールのバリケードが設置されています。 
※以下の記事は熊本地震以前の2013年以前に訪問した際の記録です※

 「ラピュタの道」はかねてから阿蘇を走るライダーから知る人ぞ知る隠れた絶景ルートとして知られていましたが、某バイク雑誌に掲載されたことから一気に知名度は上昇。 今ではバイク乗りの間のみにならず普通の観光客もちょくちょく訪れるようになりました。

 正式名称は「阿蘇市道狩野幹線」。 全線を通してほぼ一車線の非常に細い道路ですが、国道や県道まで迂回せずに外輪山を登ることができるので、地元の人から重宝されている道路です。 道中は全線舗装されていますが、アスファルトがかなりガタガタで非常に走りにくいです。 決して走りを楽しむような道路ではないので大型バイクでの通行は要注意!

 さて、いつしかライダーの間で「ラピュタの道」と呼ばれるようになった区間は外輪山の上を通るミルクロードから「狩野幹線」を少しだけ下ったところになります。 そのため、荒れた山道を走る自信が無いなら下から登らず、ミルクロードから少し下ってまたミルクロードに戻るか、ミルクロードにバイクを停めて歩いて向かうルートをオススメします。 ラピュタの道への詳しい案内は下記の情報を参考にしてください。 「ラピュタの道」の定番観賞スポットはミルクロードから狩野幹線を下って一番初めのヘアピンカーブの所です。 ヘアピンカーブの内側に車1台停めれそうなスペースがありますが、急斜面&ボコボコしていて非常に停めにくいので注意

このヘアピンカーブから見る阿蘇山の姿が通称「ラピュタの道」 狩野幹線のヘアピンカーブがまるで天に向かって伸びているような光景。まさしく「天空の道」としてふさわしい景色!
 遠くにそびえる「阿蘇の涅槃像」の姿と毅然と広がる阿蘇の田園風景もまた秘境感を満たせてくれます。

 ここからは外輪山にへばりつくように続く狩野幹線の道がハッキリと見渡せます。 これだけでも地を這うライダーならそそるような道筋。

 天空の道を通るならお勧めは断然下り。 断崖絶壁の外輪山の斜面と徐々に地上に近づく阿蘇を眺めながらのスリルある景色を楽しめます。

 道中にはほかにも特徴的な山や景色もちょくちょくあります。 写真右奥の山の尾根上は獣道が続いていて、先端まで歩くことが出来ます。

 ちなみに狩野幹線を下らずとも、ミルクロードとの分岐から獣道をちょっと歩くだけで「ラピュタの道」を見ることも出来ます。※この道も現在は閉鎖されています

 その獣道から見た「ラピュタの道」。 例のヘアピンカーブに加え、先ほどの撮影地点のヘアピンカーブも真下に見えます。
 ここなら細い農道へ入ることも無いので四輪の観光客がちょくちょく立ち寄ってました。

 「ラピュタの道」の道中は本当に悪路で、よく道路崩壊による通行止めも多いです。 景色を見渡す展望所もただの道路上だったり植物が生い茂る獣道の先だったりと、当然ながら観光地として整備されてない場所です。 
 知名度がさらに高まってくるようなら観光地としての整備や制限もするのかも知れませんが、現状はただの農道です。

 あまり長居はせず、通行する際は超徐行運転で地元車両を優先して通してあげましょう。

◆ ラピュタの道 (阿蘇市道狩野幹線)※閉鎖◆

案内:案内等は一切無いのでわかりにくいですが、ミルクロードからアクセスする場合はバリケードの牧草ロールが目立つのでわかるかと思います。

バイク駐輪場:牧草ロールのバリケード前は若干スペースありますが、駐車場って訳では無いし歩行者も含め進入は禁止されているので駐車は控えましょう

【訪問時期:2011年11月/2013年9月/最終更新:2019年8月】

★Googleマップで【ラピュタの道(ミルクロード側)】を見る★

◆【九州・沖縄】の記事一覧へ戻る◆