◆四国ツーリングに行くには? (離島経由編)

四国
この記事は約9分で読めます。
スポンサーリンク

本州と四国それぞれからフェリーが出ている離島をピックアップ

 まずはスタンダードな四国ツーリングの行き方を紹介した「四国ツーリングに行くには?(陸路・航路ルート編)」を参照してください。

 ここでは、1回の乗り継ぎで本州と四国を渡航できる「離島」のみ紹介します。
 なるべく少ない乗り継ぎで本州-四国間を移動できるかと言うのをポイントにしているのと、数が多すぎてキリがなさそうなので、本州-四国間を2回以上乗り継ぎが必要な島の航路や、陸路でも行ける島からの航路は省略しています。

 この方法を参考にすれば、移動手段の少ない原付ライダーやチャリダーにとっても有用な手段の一つですし、普段あまり行けない離島ツーリングもできて楽しめると思います。

※これより先、フェリーの「参考料金」は”最も安い期間の最も安い席(部屋)”で表示しています。また、2020年6月時点で発表されている時点での最新の料金です。

小豆島・直島を経由して移動する

 淡路島に次いで瀬戸内海第二の面積を持つ島、小豆島。 観光地として見どころや特産品も多く、せっかくなら丸1日以上滞在していられるほど見どころの多い島です。

参考HP小豆島観光協会

 そのためか本州側、四国側共に多方向からフェリーが運航されています。 原付ライダー・チャリダーにとっては神戸から尾道までの本州四国間の移動手段空白エリア代替ルートとして活用できそうです。

①小豆島ジャンボフェリー【神戸三宮港-坂手港】

航路:神戸三宮フェリーターミナル※地図※~小豆島・坂手港※地図※
参考料金(通常):【旅客/1990円】+【自転車/500円】【125㏄以下/1500円】【126㏄以上/2000円】
・上記料金に加えて、【深夜料金(神戸1:00発/小豆島22:40発)/500円】と【土日祝ダイヤ料金/500円】または両方【深夜&土日祝/1000円】が別途発生する場合あり

運行便数:1日3~4往復(平日休日によって異なる)
乗船時間:約3時間強(神戸1:00発/小豆島22:40発は高松経由の為、約6時間半)
・同じくジャンボフェリーの⑥高松東-坂手航路は↑の一部便を除いて別の船舶となるので乗り替え&別料金が必要
・乗船手続きは出航30分(繁忙期はより早い時間)に済ませてください

HP小豆島ジャンボフェリー

②小豆島フェリー(四国フェリー)【姫路港-福田港】

航路:兵庫県姫路港※地図※~小豆島・福田港※地図※
参考料金(バイク代に運転手1名旅客代含む):【自転車/1990円】【125㏄未満/2410円】【750㏄未満/2840円】【750㏄以上/3280円】
・旅客のみ/1550円
運行便数:1日7往復
乗船時間:約1時間40分
・バイク、自転車の予約は原則不可(先着順)
・乗船手続きは出航30分前(繁忙期はより早い時間)に済ませてください

HP小豆島フェリー(四国フェリー)/姫路-福田

③瀬戸内観光汽船(両備小豆島フェリー)【日生港-大部港】

航路:岡山県日生港※地図※~小豆島・大部港※地図※
参考料金(バイク代に運転手1名旅客代含む):【自転車/1400円】【125㏄未満/1720円】【750㏄未満/2070円】【750㏄以上/2390円】
・旅客のみ/1050円
運行便数:1日5往復
乗船時間:約1時間10分
・バイク、自転車はネット予約できません。直接電話か当日先着順?

HP両備小豆島フェリーグループ/瀬戸内観光汽船

④国際両備フェリー【新岡山港-土庄港】

四国フェリーとの共同運航
航路:新岡山港※地図※~小豆島・土庄港※地図※
参考料金(バイク代に運転手1名旅客代含む):【自転車/1410円】【125㏄未満/1720円】【750㏄未満/2040円】【750㏄以上/2340円】
・旅客のみ/1090円
運行便数:1日12往復
乗船時間:約1時間10分
・バイク、自転車は予約できません(当日先着順)

HP国際両備フェリー(新岡山港~小豆島土庄港)

⑤小豆島豊島フェリー【宇野港-家浦港-唐櫃港-土庄港】

航路:岡山県宇野港※地図※~豊島・家浦港※地図※~豊島・唐櫃港※地図※~小豆島・土庄港※地図※
・豊島から四国側に向かうカーフェリーは運航されていません。四国側に渡るには小豆島を経由する必要があります。
参考料金(宇野-土庄):【旅客/1260円】+【自転車/450円】【125㏄未満/910円】【750㏄未満/1380円】【750㏄以上/1840円】
運行便数:1日3往復(カーフェリー1日4往復のうち1往復は豊島発着の為本州~小豆島間を渡れません)
※同じ航路で旅客船もありますが、自転車・バイクは積み込み不可
乗船時間(宇野-土庄):約1時間30分

HP小豆島豊島フェリー

↓ここより四国側から小豆島を繋ぐフェリーです↓

⑥小豆島ライン(高松-小豆島ジャンボフェリー)【高松東港-坂手港】

航路:高松東港※地図※~小豆島・坂手港※地図※
※「高松東港」は同じジャンボフェリーが運航している高速船や、別会社が乗り入れている乗り場「高松港」とは場所が違うので注意
参考料金(バイク代に運転手1名旅客代含む):【自転車/1070円】【125㏄未満/1430円】【125㏄以上/1850円】
・旅客のみ/700円
運行便数:1日2~3往復(平日休日によって異なる)
乗船時間:約1時間15分
・同じくジャンボフェリーの神戸三宮-坂手航路は一部便を除いて別の船舶となるので乗り替え&別料金が必要
・乗船手続きは出航30分(繁忙期はより早い時間)に済ませてください

HP高松-小豆島ジャンボフェリー

⑦内海フェリー 【高松港-草壁港】

航路:高松港※地図※~小豆島・草壁港※地図※
参考料金:【旅客/700円】+【自転車/370円】【125㏄未満/730円】【750㏄未満/1150円】【750㏄以上/1470円】
・旅客のみ/700円
運行便数:1日5往復
・高松14:48発/草壁19:00発の便は車・バイク・自転車付きの旅客のみ乗船可能(徒歩旅客のみの乗船不可)
・土日祝は全便旅客のみの乗船可能
乗船時間:約1時間
・乗船手続きはなるべく出航30分前(繁忙期はより早い時間)に済ませてください

HP内海フェリー

⑧国際両備フェリー 【高松港-池田港】

航路:高松港※地図※~小豆島・池田港※地図※
参考料金(バイク代に運転手1名旅客代含む):【自転車/1070円】【125㏄未満/1430円】【750㏄未満/1850円】【750㏄以上/2170円】
・旅客のみ/700円
運行便数:1日8往復
乗船時間:約1時間
・バイク、自転車はネット予約できません。直接電話か当日先着順?

HP国際両備フェリー(高松港~小豆島池田港)

⑨小豆島フェリー(四国フェリー)【高松港-土庄港】

航路:高松港※地図※~小豆島・土庄港※地図※
参考料金(バイク代に運転手1名旅客代含む):【自転車/1070円】【125㏄未満/1430円】【750㏄未満/1850円】【750㏄以上/2170円】
・旅客のみ/700円
運行便数:1日15往復(カーフェリーのみの本数)
※同じ航路で高速船もありますが、自転車・バイクの積み込み不可
乗船時間:約1時間
・バイク、自転車は予約できません(当日先着順)

HP小豆島フェリー(四国フェリー)/高松-土庄

↓直島を経由して本州と四国を結んでいるフェリーです↓

⑩唯一の直島経由ルート!四国汽船【宇野-宮浦】&【高松-宮浦】

 現代アートの島として有名な直島は岡山県が誇る大企業、ベネッセが手掛ける美術館や資料館、観光施設が充実しています。 特に有名な地中美術館ANDO MUSEUMの他に、草間彌生のかぼちゃが島内2か所に展示されています。

参考HP直島観光旅サイト

直島・宮浦港を経由して岡山県玉野市宇野港と香川県高松港を移動する際は、一旦直島・宮浦港で下船して、再度乗船券(宇野or高松行き)を購入する必要があります

航路:岡山県玉野市宇野港※地図※-直島・宮浦港※地図※/香川県高松港※地図※-直島・宮浦港※地図※
参考料金【宇野-宮浦】:【旅客/300円】+【自転車/310円】【125㏄未満/640円】【125㏄以上/970円】
【高松-宮浦】:【旅客/520円】+【自転車/310円】【125㏄未満/640円】【125㏄以上/970円】
運航便数(カーフェリーのみ):【宇野-宮浦:1日13往復】/【高松-宮浦:1日5往復】
乗船時間:【宇野-宮浦:約20分】/【高松-宮浦:約50~60分】
・四国汽船は旅客船航路もありますが、いずれも車・バイク・自転車は乗船できません。カーフェリーは上記2航路のみです
・予約不可、先着順です

HP四国汽船

大崎上島を経由して移動する

 観光地としては小豆島や直島と比べるとちょっとパッとしませんが、例えば125㏄未満の場合、直島経由の本州四国縦断とほぼ変わらない金額で渡ることができる最安ルートの1つです(直島経由125㏄以下:計2100円/竹原-垂水-木江-今治経由ルート125㏄以下/計2110円)

参考HP大崎上島観光ナビ

①山陽商船&大崎汽船(共同運航)【竹原港-垂水港or白水港】

航路:広島県竹原港※地図※-大崎上島・垂水港※地図※もしくは白水港※地図※
※ダイヤによって垂水港か白水港発着のどちらかの直行便なので、垂水港~白水港は運行していません(1便だけ垂水港寄港の便あり)
参考料金(竹原-垂水):【旅客/350円】+【自転車/130円】【125㏄未満/280円】【750㏄未満/410円】【750㏄以上/540円】
※竹原-白水の旅客は360円(自転車・バイクは垂水と同額)
運行便数:計32往復(垂水発着、白水発着それぞれ16往復前後で運行)
乗船時間:25分~30分

HP山陽商船 ◆ 大崎汽船

②安芸津フェリー【安芸津港-大西港】

航路:東広島市安芸津港※地図※~大崎上島・大西港※地図※
参考料金:【旅客/390円】+【自転車/130円】【125㏄未満/280円】【750㏄未満/410円】【750㏄以上/540円】
運行便数:1日16往復
乗船時間:約35分

HP安芸津フェリー

③大三島ブルーライン【今治港-宗方港-木江港】

航路:愛媛県今治港※地図※~大三島・宗方港※地図※~大崎上島・木江港※地図※
参考料金(今治-木江):【旅客/980円】+【自転車/250円】【125㏄未満/500円】【750㏄未満/750円】【750㏄以上/1010円】
運行便数:1日2往復(今治~宗方~木江)
・宗方~木江は1日6往復あるが、今治発着は2往復のみ。乗り過ごし注意!
※今治~宗方で旅客船も運行していますが、自転車・バイク積み込み不可
乗船時間:約55分~1時間10分

HP大三島ブルーライン

◆その他の離島経由ルート◆

 大三島大三島フェリーと下記の大三島ブルーラインフェリーを乗り継いで本州~四国間を渡れますが、しまなみ海道からでもアクセスできるので省略します。

 せきぜん渡船の寄港地の小大下島大下島も1回の乗り継ぎって言えばそうっちゃそうですが、直接本州と四国に行けるフェリーがあるのにあえて下船するほどかな…?って思うのでここで簡単に紹介するのみとします。

 また、山口県の周防大島も本州側は陸路でアクセスできるのと直接本州と四国を結ぶ防予フェリーがあるのでこちらも省略します。

◆【四国】の記事一覧へ戻る◆