【淵野辺】拉麺一匠 DEAD or ALIVE(デッドオアアライブ)の朝天麻辣白湯麺【相模原市】

ラーメン
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

なにかとテレビ出演ありの人気店?

 淵野辺あたりで気になるお店のランチに行こうとしたらすでに閉まっていたので、以前某マツコの番組に出ていたラーメン店が気になって立ち寄ってみました。
 拉麺一匠DEAD or ALIVE(デッド オア アライブ)というお店で、テレビでは“激辛”じゃなくて”旨辛”を目指したラーメンが人気とのことで紹介されていました。

 とはいえ、わたくしそこまで辛いのは苦手なので普通にちょっと辛いラーメンでいいなぁってテンションで入りました。

 定番ラーメンの朝天麻辣白湯麺(ちょうてんまーらーぱいたんめん)は値段に応じて辛さをプラスするシステム。

 そしてより辛い朝天血池地獄麺というつけ麺が激辛(旨辛)シリーズのラーメン。

 そして激辛&旨辛とは別に名代煮干しそばという煮干しラーメンもあるので、辛いの苦手な人でも付き合いでここに入った時などはこちらを選ぶ手段もアリですね。

 ちなみに11:30~17:00は煮干し炊き込みご飯が無料サービスとのことだったんですが、14:00来店ですでに売り切れでした。
 この日は平日のやや強い風雨の日で、入店~退店までお客は僕1人だったくらいの客入りでしたが売り切れってことは、元々さほどこしらえてなかったのかな?
 まぁ14時ってランチタイムも終盤だから普通に売り切れでもわからなくはないが、実質14時以降は無料サービスが無いかもって認識でいいかな?

 そして選んだのは朝天麻辣白湯麺 1辛 880円(税別)にしました。
 結果的には予想通りって感じですが、1辛ではさほど辛くなくて普通にピリ辛なラーメンな感じで食べられます。 なので普通に辛いラーメンを食べたいなら2辛3辛でもいけそうかな?

 麻辣白湯麺と言うことですが、ちょっと濃厚な担々麺って感じでクリーミーかつスパイシーなラーメンとして高クオリティなラーメンです。 刻まれたチャーシューや白髪ネギもあって具材も十分かなと。

 でも一番安い価格で880円(税別)からというのはちょっと割高感があるかな?と。 しかしながらかなり唐辛子や辛さについて研究しているようなので、研究代と思えばわからなくはないですが、せめて2辛、欲を言って3辛までは1辛と同料金で頼めたらよかったかなぁと。

 とはいえそこら辺は僕のコスパとか価値観の問題なので、知るかケチ野郎と言われたらそれまでなんですが。 リピートしたいくらいの美味しさですが、ちょっとお財布と相談しちゃうかな? その一方で煮干しそばは680円(税別)からとまぁ標準的な価格設定なので、次回は煮干しそばを食べてみたいところ。 煮干しそばに関しても結構力を入れている様子なのでまた近いうち行ってみたいですね。

◆ 拉麺一匠 DEAD OR ALIVE ◆
住所:神奈川県相模原市中央区淵野辺3丁目16−2

料金:朝天麻辣白湯麺880円~、煮干しそば680円~(税別)

バイク駐輪場:無し
・この場所【地図】にバイク駐輪場あり
【3時間毎100円/24時間最大500円/24時間営業/排気量制限なし8台収容/店まで徒歩約6分】

◆営業時間
火~木:11:30~24:00(L.O23:30)
金・土:11:30~27:00(L.O26:30)
日・祝:11:30~22:00(L.O21:30)
定休日:月曜日

HP:拉麺一匠DEAD or ALIVETwitter
参考HP:食べログ/拉麺一匠 DEAD OR ALIVE

【訪問時期:2020年7月/最終更新:2020年7月】

★Googleマップで【拉麺一匠 DEAD OR ALIVE】を見る★

◆【ラーメン】の記事一覧へ戻る◆