【撮】 旧幸福駅 ★★★★ 【帯広市】

北海道【道東】
スポンサーリンク

一大ブームとなった「愛の国から幸福へ」の駅

 旧幸福駅は1987年に廃止になった旧国鉄広尾線にあった駅です。

 縁起のいい駅名であることと、NHKの番組「幸福への旅~帯広~」や、2つ先の駅の愛国駅と併せ「愛の国から幸福へ」というキャッチフレーズの元で一気に知れ渡り、1970年代に一大ブームを起こしました。

 世代では無かった僕にはあまりピンとこなかったのですが、当時ツーリング用のホムセン箱に「幸福⇔愛国」のステッカーを貼っていたら、それを見たおっちゃんによく「おぉ、幸福駅かぁ、懐かしい」とか「あそこはまだ手紙ビッシリだったか?」と声をかけられました。 当時は本当に大ブームだったんだなぁと実感させられました。

旧幸福駅 駅舎木造の小さな駅舎は当時のまま残されています。

駅舎内 中は満遍なく切符や手紙でビッシリ! これが廃線前から続いていると言うからちょっと驚きです。

旧ホーム部分 逆光で見えにくい写真で申し訳ないけど、「幸福の鐘」や当時の列車などが展示されています。

ホームから見る幸福駅 あまり見かけない幸福駅の裏側。や、これと言って特に特徴は無いけど・・・
幸福駅前のお土産屋で、幸福から愛国までの記念切符を当時の価格220円で購入できます。 他にも色々幸福駅グッズたくさんあり。

 ブームから50年弱経った今でも観光客が絶え間なく訪れる旧幸福駅で、一度縁起担ぎをしてみてください。

◆ 旧幸福駅 ◆

案内:国道236号線から案内板あり、幸福IC降りてすぐ右折

料金:無料
バイク駐輪場:無料,四輪と共用

見学時間:24時間
(売店は7:00~18:00)

所要時間:約20分

HP:帯広市・幸福駅HP/幸福駅

【訪問時期:2007年8月~2013年7月/最終更新:2019年4月】

★Googleマップで【旧幸福駅】を見る★

◆◇◆◇北海道【道東】の記事一覧へ戻る◆◇◆◇