【泊】 カフェ&ライダーハウス 雪月花廊 【喜茂別町】

北海道【道南】
スポンサーリンク

廃校になった小学校をそのままライダーハウスに!

 雪月花廊は喜茂別町の国道276号線沿いにあるカフェ&ライダーハウスで、元々廃校になっていた旧双葉小学校を改装した宿です。
 ここ数年、北海道ライダーの間では「泊まって良かった宿」として知名度上昇中の話題の宿で、確かに旧小学校と言うちょっと珍しいポイントもあってか、他のライダーハウスには無い面白さがありました。

 木造1階建ての校舎ですが、小学校時代の設備をほとんどそのまま残しつつ、昭和懐かしの雑貨や喜茂別町の歴史を感じさせる農耕具などが展示されています。

 雪月花廊はカフェ&ライダーハウスなだけじゃなく、さながら町の史料館としてとしての役割を果たしていて、自由に見学できます。

 教室だった部屋の一部はこのように昭和の駄菓子屋おもちゃ(非売品)が展示されています。 別の部屋では廃校当時の在学生や卒業生が残した手紙やメッセージが残された部屋や、本がそのまま残された図書室なども解放されているので、ただ単にライダーハウスに泊まるという目的以外にも見所がたくさんあります。

 もちろんライダーハウスになっている部屋もかつて教室だった室内を改装したもの。 しかし、この日はライダーハウス用の教室は満席だったので・・・

 なんと、体育館に泊まることになりました。 当然ながら今まで泊まったライダーハウスの中では、ずば抜けて広いお部屋(笑) あと、体育館宿泊者はが大量に置いてあるので自由に使用可能。

 バスケットゴールや跳び箱まで残されていて、体育館としてそのままな状態な場所でお泊りでした。 解放感ハンパない。

 ちなみに、かつて校庭だった部分は全面芝生が敷かれて、キャンプ場として利用できます。

 こちらがお風呂。 1~2人用の小さいお風呂なので他の宿泊者と譲り合いつつ、入れるタイミングがあれば入るようにしないと中々入れないかも。
 木酢を入れたお風呂らしく、お湯は少々ぬるめでしたがお湯で調節可能。

 こちらが食事会場兼談話室
 雪月花廊はカフェも経営していて、電話予約時に夕食&朝食の申し込みをすると食事もできます。 あいにく僕は到着前に食事を済ませてしまったので予約してなかったんですが、夕食準備中にちょっとお邪魔してみると・・・

 想像以上に美味しそうな夕食がずらりと! しまった、ここでメシ食えばよかった・・・
 さすがに夕食はもう〆切だったので、翌朝の朝食だけでもとお願いしたらOKしてくれました。

 そして翌朝の朝食。 日本の朝食としてパーフェクトな盛り合わせ! ご飯もおかわり自由なのでたらふく食べました。

 確かに噂に違わず旅の印象に残る、北海道トップクラスのオススメライダーハウス。 寝泊まりだけじゃない、元小学校ならではの魅力が詰まったライダーハウスです。

◆その他情報

◆施設内のお風呂無料、周辺に銭湯なし
◆約10㎞離れた喜茂別町役場周辺にコンビニ3店舗あり
◆洗濯機&乾燥機あり(有料)
◆女性専用部屋あり
◆夕食と朝食は完全予約制。当日予約だと対応できないかも。
◆ランチタイムはカフェとして営業しているので、宿泊でなくとも利用可能。 ランチはルスツ豚丼800円~が名物
◆寝具有料らしいが、体育館宿泊時は畳と敷布団と薄手の毛布を無料で借りれました。たまたまかな? 
◆ゲストハウスとして個室部屋もあり
◆館内ネコが歩き回ってます。 懐っこくてかわいいですが、苦手な方は要注意

◆ カフェ&ライダーハウス 雪月花廊 ◆

案内:喜茂別町役場から国道276号線を約10㎞、またはきのこ王国本店から国道276号線を約12㎞。国道沿いに看板もあります。

料金:初回会員登録700円+ライダーハウス宿泊800円(次回より会員カードを提示すると800円で宿泊)
◆個室ゲストハウス利用時はライダーハウス代800円+1000円(会員カード提示時)
◆キャンプ場利用500円
◆夕食:1000円/朝食:600円/夕・朝2食セット1500円

バイク駐輪場:無料/少し柔かい土の上/屋根無し

開放時期:通年(ただしライダーハウス部屋は5月~10月のみ)

チェックイン/アウト:12:00~/~10:00

TEL:0136-33-6067 ※要予約

HP:雪月花廊 喜茂別旧双葉小学校史料館

【訪問時期:2017年9月/最終更新日:2018年9月】

★Googleマップで【カフェ&ライダーハウス 雪月花廊】を見る★

◆◇◆◇北海道【道南】の記事一覧へ戻る◆◇◆◇