【食/他】 きのこ王国&道の駅「フォーレスト276大滝」 ★★★ 【伊達市】

北海道【道南】
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

何もない山間の国道沿いに突如現れる2つの大型施設

道の駅「フォーレスト276大滝」は施設老化の改修及び建て替えの為、2021年3月31日まで休館(全館閉鎖)となります。
 
 支笏湖・苫小牧方面から洞爺湖方面orニセコ・羊蹄山を結ぶ国道276号線と国道453号線の重複区間にこの2つの大型施設があります。 周囲にこれと言った建物すらない場所に突如現れる大型施設なので、目立ちますし休憩にはもってこいのスポットです。

◆100円きのこ汁となめたけ試食し放題!「きのこ王国」

 きのこ王国は2019年時点で本店と仁木店の2店舗を展開している、きのこの生産,直売所です。
 特に本店は、ただのきのこ直売所だと思って寄って見ると想像以上にでかい施設でビックリします。

きのこ王国 道の駅の隣にある上、インパクト大の外観。すぐに見つけられます。

 ここはその名の通り、きのこ王国で育てたきのこを中心とした加工品を買えたり、きのこ料理を食べることができます。

 その中でも1番人気が、きのこ汁(税込108円)です。 お隣にあるのは天むす(160円/当時)。
 少々小ぶりの器ですが、なめこにしいたけ、その他よくわからないきのこ(?)が入ってて美味しかったです。 まぁこれで108円ならアリかと。

 他にもきのこ天ぷらやきのこそばなど、きのこグルメに加えてピザやフライドポテトなどやたらとスナック系フードが充実しています。
 ちょっとひとつまみ。と思って選んでいるといつの間にか食いきれないほどチョイスする恐れがあるほど目移りしてしまいます。

 販売コーナーでは、きのこ王国オリジナルのなめ茸やきのこ茶、きのこ以外にもいろんな商品を売っていますが、魅力的なのはそのほとんどが試食できるということ。

 なめ茸だけでも明太子なめ茸、味噌なめ茸、うになめ茸などなど、数十種類のなめ茸が並んでいて、そのどれもが自由に試食できるようになっています。きのこ茶やりんご酢ドリンクも試飲し放題
 いろんな商品を食べ比べてみるのもいいかもしれません。

 外観の通りモロ観光客向けの施設ですが、24時間開いている大型トイレもありますし、休憩がてら利用するには最適な施設です。 北海道土産でなめ茸?とは少し思うけど、ついつい買ってしまいそうになるものばっかりです。

◆ きのこ王国 本店 ◆
案内:北海道伊達市大滝区三階滝町637-1

料金:入館無料、きのこ汁108円など軽食類100円~500円台を中心にメニュー豊富

バイク駐輪場:無料、四輪と共用

営業時間:9:00~18:00
・トイレ館は24時間利用可能
定休日:年中無休

HP:きのこ王国 大滝本店

所要時間:約40分

【訪問時期:2008年8月/2017年9月/最終更新:2019年4月】

★Googleマップで【きのこ王国 本店】を見る★

◆1億円の豪華トイレ!? 【道の駅 「フォーレスト276大滝」】

※ 下記の道の駅「フォーレスト276大滝」は2021年3月31日まで休館中です。※
 そんなきのこ王国の隣に、道の駅「フォーレスト276大滝」があります。
 どうやら世界最大のログハウスらしいです。 この道の駅には「1億円のトイレ」があることで有名なので行ってみると・・・
 トイレの入口手前に自動演奏のグランドピアノが! まぁ確かに豪華だけど、トイレにピアノを置く意味あったのかしら? ちなみに男性トイレは綺麗だったけどごく普通のトイレでした。 女性トイレが凄いのかな?

 まぁトイレが綺麗なのは旅先では非常にありがたい点ですが、施設全体としては隣のきのこ王国に観光客は流れていてこちらは閑散としているのが現状。

 こちらもきのこ汁を100円(当時)を販売していたり、きのこの直売をやっていたりときのこアピールもしていましたが、どう見てもお隣のきのこ王国に負けていた感じがします。 勝っていたのは1億円トイレくらい?

 実際、買い物や食べ物に関してはきのこ王国のほうが充実しているので、立ち寄るならきのこ王国のほうが楽しめるのかなぁと思います。

 一応2021年リニュアルオープン予定ですが、その時にはきのこ王国に勝てるくらいの規模になってるんでしょうか・・・?

◆ 道の駅「フォーレスト276大滝」 ※休業中 ◆

案内:伊達市大滝区三階滝町637-5

料金:入場無料

バイク駐輪場:無料/四輪と共用

営業時間:9:00~18:00
定休日:年中無休

所要時間:約20分

HP:道の駅「フォーレスト276大滝」

【訪問時期:2008年8月/最終更新:2019年4月】

★Googleマップで【道の駅「フォーレスト276大滝」】を見る★

◆◇◆◇北海道【道南】の記事一覧へ戻る◆◇◆◇