【撮】 JRタワー展望室 タワー・スリーエイト ★★★★ 【札幌市】

北海道【道南】
スポンサーリンク

札幌市街地の夜景を見るなら断然ココ! 男性はぜひトイレへ

 JRタワーはその名の通りJR札幌駅に直結している高層ビルで、高さ173mは北海道で最も高い高層ビルとなります。
 JR札幌駅は大丸札幌店が入居している建物とファッションビル「札幌ステラプレイス」がある中央棟、そして高層ビルのJRタワーの3部構成となっています。
 冬の札幌を連想させるような白を基調としたJR札幌駅のデザインは、個人的に大好きな駅ビルの1つとして気に入っています。

 で、JRタワーの38階には「タワー・スリーエイト」という展望室があります。 場所はJRタワーイーストの6階が入り口となります。 無印良品のすぐ隣となってますが、アクセスがやや複雑で駅ビル内をそこそこ歩くので案内板をしっかりチェックしたりインフォメーションに聞いた方が良いかも。

6階の受付でチケットを購入してエレベーターへ。エレベーターに乗る前にレゴブロックで作った札幌の街と言うのがありました。 よくできてるけど時計台はそんなデカくなかったぞ(笑)

 そして展望室用のエレベーターに乗って38階の展望室へ!

 南側、札幌市街地方面
 札幌市内で一番栄えている方面です。 碁盤の目調に整理された街並みなので、大都会なのにかなりスッキリとした街並みなのが展望室から見るとわかります。 これほどまでに整然と綺麗な大都市もそうそう無いでしょう。

 

 同じく南側、札幌市街方面
 唯一残念なのは2018年にオープンした高層ビル「さっぽろ創世スクエア」(写真中央よりやや左上のガラス張りのビル)テレビ塔をスッポリ隠してしまったことくらいかな。 札幌のランドマークと言えるテレビ塔が見えなくなってしまったのはちょっとガッカリかも。

 東側、新さっぽろ方面
 平野部が広がる方向で、札幌市街~郊外の広大な景色を見ることが出来ます。

 西側、琴似方面
 比較的高層ビルの少ない方面なので低層階のビルや住宅地の明かりが広がっています。 眼下には線路を覆い隠すような駐車場があって結構珍しい?駐車場でした。

 北側、石狩方面
 遠くは石狩湾の日本海・・・は望めなかったんですが、碁盤の目調の直線道路の明かりの筋が何本も通っているのが印象的。 所々暗い部分は北海道大学のキャンパスです。

 展望室内は照明は必要最低限まで暗くされていてより夜景がきれいに見られるような配慮がされていました。 ここは昼間に行っても良いですが夜景がメインの展望台なのがウリだと思いました。 テレビ塔展望台よりも高い位置で、藻岩山よりも低く市街地に近いロケーション。 札幌市街地を程よい高さから見下ろすならば最高の展望台です。

 そして、ここの名物スポットが眺望男性トイレ。 度々テレビで紹介されるくらいに有名な珍スポットです。

 大都市の展望を見下ろしながらの立ちション! これほど開放的かつ合法(笑)な小便はここでしか味わえないでしょう。

 残念ながら女性用トイレは建物内側にあるので景色は見られないですが、どうしても景色を見ながら用を足したいならば多目的用のトイレが眺望トイレとなっているので空いていればチャンスかも。

 そんなネタスポットもありながら、札幌の夜景を見るなら最高の展望台としてオススメできます。 ただ、カップル率が高いのでバイクジャケット羽織っておひとり様で行くにはかなり根気が要るのと、市街地にあるのでバイク置き場には難儀するかもですが、市街地に立ち寄ることがあればぜひ登ってみてください。

◆ JRタワー展望室「タワー・スリーエイト」 ◆
案内:JRタワーイースト6階、無印良品の近く
・下記HPに詳しい案内ページあり

料金:展望室入場料720円 6階受付にて購入

バイク駐輪場:無し
全国バイク駐車場バイクを停めたいを参照
・最寄はレールパーク札幌駐車場のオートバイスペース(1回300円)※地図※ですが、9:00~17:30に施錠閉鎖となるので時間外の入出庫不可です。
・大通公園の一部区画にバイクの路駐が多いですが自己責任で

営業時間:10:00~23:00(最終入場22:30)
ショップは21:00まで、カフェは22:30(フード)~22:45(ドリンク)まで
定休日:無休

所要時間:約60分

HP:JRタワー展望室 タワー・スリーエイト

【訪問時期:2019年6月/最終更新:2019年7月】

★Googleマップで【JRタワー展望室 タワー・スリーエイト】を見る★

◆北海道【道南】の記事一覧へ戻る◆