【撮】 高森殿の杉 ★★★★ 【高森町】

九州・沖縄
スポンサーリンク

生命の力強さを感じる2本の杉に圧倒

2017年5月再訪高森殿の杉の入り口前に車6台分の駐車場が、さらに100mほど下った所に5台程度の駐車場が整備されていました。 また、現在は杉の周辺に柵が設置されていて、根元まで行くことはできません
 高森殿の杉は、阿蘇エリア南東部にある高森町の農道を登ったところにある杉の木で、近年雑誌やネットなどでパワースポットとして注目されています。
 しかし、現地はほとんど観光地化されてない為、分岐がわかりにくかったり狭くて勾配のある山道を通ったり駐車スペースが限られている(駐車場が11台分整備されました)ので、アクセスにやや難のある場所にあります。 また、高森殿の杉に行くには私有地の牧場の中を通らなければならないので、普通に牛さんの目の前を通ったりと見学をするにはそれなりのマナーが必須です。

 高森殿の杉に行くにはやや急勾配の山道を登っていきます。 この山道自体ちょっと秘境感ありそうな道っぽくて面白いです。
 この先登りつめていったらどこに出るんだろ? ちょっと行けるとこまで行きたくなるくらいワクワクする道なんですが、ちょっと時間が押していたので泣く泣くあきらめることに。

 そんな山道の道中右手に写真のようなゲートがあります。 ここが高森殿の杉の入口になります。 「高森殿の杉」と書かれた白い杭が目印。

 ゲートは観音開きの車両用のゲートの鍵を解除して中に入ったんですが、2017年再訪時は人間用のゲートがありました。 確か人間用のゲートで入ったっけな?
 もし鍵を解除して中に入った場合、牛の脱走防止のため必ず施錠してください。

 ゲートの中は私有地の牧場なので牛が放し飼いになっています。 牛の脱走防止の為に中に入ったら必ずゲートにチェーンをかけてください。

 普通に牛さんがうろついてる牧場の中をお邪魔していきます。 こうやって柵も無いところで牛を見ると結構怖い・・・ 

 しばらく牧場の坂道を登っていくと、左側にちょっとした森になっている部分あるので、そこへ進んでいくと・・・

 森の中心に建ちそびえる2本の巨木! 思わず「なんじゃこりゃ!?」て声が出るほど圧倒的な存在。
 今までいろんな巨木を見てきましたが、これほど摩訶不思議な成長を遂げた巨木を見たのは青森の日本一のイチョウの木以来でしょうか。

 片方の杉は、地上1mあたりから大きく3本に枝分かれしてそれぞれ図太く成長しています。
 根元辺りの幹周りは直径3mはありそうなくらい太く、まるで自分が小人になったかのようなほど威圧感があります。

 もう片方の杉は地上2mほどの位置から無数に枝分かれして、もはや何が何なのかわからないくらい木の枝が複雑に広がっています。 見た目のインパクトはこっちの方があります。
 杉の木のイメージとしては枝分かれせずに1本そのまままっすぐに伸びているイメージがあっただけに、この杉の木の存在はそんな考えを一気に打ち壊してしまいました。

 ちなみに2017年5月再訪時はこのように簡易的な柵で囲まれていました。 立ち寄るだけでも杉の成長を妨げるものになる可能性があるので、絶対に入らないようにしましょう。

 とにかくこの2本の木には生命の力強さをこれでもかと伝えてくれました。
パワースポットとして有名になるのも頷けますが、そうでなくともこの力強い姿は是非一度は見に行くべきです。

◆ 高森殿の杉 ◆

案内:国道265号「高森町村山」交差点より少しだけ東側にある小川沿いの細道に入って道なり。案内板が小さいので見落とし注意
※高森殿の杉は私有地の牧場を管理人の好意によって解放してくださっているものです。 高森殿の杉をはじめ、牧場内や牛や駐車場などを汚さないようマナーを守ってください。
※人間用のゲートを利用又は鍵を解除して牧場内に入りますが、牛の脱走防止の為鍵を解除したら必ず施錠してください。

料金:散策無料
バイク駐輪場:ゲートの前に車6台分の駐車場が整備。また、ゲートより150mほど下った所にも第二駐車場5台分あり(いずれも無料・四輪と共用)

見学時間:24時間。照明等無し

所要時間:約30分

HP:高森町観光サイト/高森殿の杉

【訪問時期:2013年9月/2017年5月/最終更新:2019年8月】

★Googleマップで【高森殿の杉(第一駐車場)】を見る★
※マーカーは牧場ゲート前の第一駐車場を指しています。 満車の場合は100m下った先の第二駐車場を利用してください

◆【九州・沖縄】の記事一覧へ戻る◆