【走】 一ツ葉有料道路(北線) ★★★ 【宮崎市】

九州・沖縄
スポンサーリンク

海岸近くを走る南国風バイパス

 一ツ葉有料道路青線の北線(佐土原~宮崎港)と、赤線の南線(一ツ葉大橋北~宮崎自動車道宮崎IC直結)に別れていますが、僕は北線のみ走りました。

 一ツ葉有料道路は宮崎市北部から中南部の海岸線沿いを通るバイパスルートで、ほぼ全線を通して非常に流れの速い快適な高速クルージングで混雑する宮崎市街を迂回することが出来ます。

 さすがに有料道路だけあって全線4車線で規格も高速道路並みにしっかりしています。 ただ、海岸沿いを通っているけど防風林であまり海が見えないのは少し残念。 一ツ葉道路で唯一のパーキングエリア、「一ツ葉PA」は、上下線のPAを繋ぐ歩道橋があるのでそこから道路や海を見渡すことが出来ます。 と、言うかここくらいしかゆっくり景色を楽しむことが出来ないと思います。

こちらは南側 写真右側に見える高層ビルが、宮崎で有名なシーガイアのリゾートホテルです。 あの有名な屋内プールは解体されましたが・・・シーガイアは大丈夫なんだろうか?

一ツ葉PAから海側を望む 下り側の一ツ葉PAは駐車場のみ,上り側は軽食屋の入った休憩所がある標準的なPAの施設が整っています。海を眺められる小さな散策公園もあります。

 道路上の中央分離帯には背の高いヤシの木が等間隔で並んでいて、ちょっと南国風なハイウェイを楽しめるバイパスです。
 ちなみにヤシの木のあるバイパスは一ツ葉道路南線のさらに南、宮崎南バイパス(国道220号線)でも見られます。 国道220号の方が南国ムード感はあるかも?

 しかし有料道路とは言え二輪150円と安いので、宮崎市街を迂回するにもツーリングのルートの一つとしても使えるバイパスです。

当初一ツ葉有料道路(北線/南線)は2020年3月より無料開放される予定でしたが、耐震化工事などの理由により、2020年3月以降も有料制度を継続する方針が濃厚との報道があります。
◆ 一ツ葉有料道路 ◆

案内:宮崎市佐土原町国道10号から一ツ葉有料道路(北線)へ、終点下車後県道10号を通って一ツ葉有料道路(南線)へ、宮崎ICより南は宮崎自動車道と接続するため別料金。宮崎ICは国道220号から入退出可能。

料金(軽自動車等/二輪車):北線…一部区間100円、全線150円
南線…全区間一律150円
・軽車両等(125㏄以下/自転車)は北線/南線それぞれ全区間一律20円
※南線の宮崎ICより南は高速道路なので125㏄以下のバイク、自転車は入れません

バイク駐輪場:有料道路上のパーキングは一ツ葉PAのみ

該当距離:北線約12km,南線約5km

通行制限等:特になし。自転車は歩道を走行してください。

通行時間:24時間
・一部区間内の走行に限り、夜間無料開放されています。詳しくは下記HPを確認

HP:宮崎県道路公社/一ツ葉有料道路

備考:ETC未対応/回数券の販売あり

【訪問時期:2011年11月/最終更新:2019年9月】

★Googleマップで【一ッ葉有料道路】の地図を見る★
北線(料金所)南線(料金所)

◆【九州・沖縄】の記事一覧へ戻る◆