【撮】 道の駅「たるみず 湯っ足り館」 ★★★☆ 【垂水市】

九州・沖縄
スポンサーリンク

桜島を眺めながら足湯に入れる

 道の駅「たるみず 湯っ足り館」は桜島と陸続きになっている大隅半島側、国道228号線沿いにある道の駅で、一般的な道の駅同様売店や直売所にレストランの他に、日帰り温泉や足湯などがあります。

 錦江湾を一望できる上に、すぐ目の前には桜島がそびえる絶好のロケーションなので、桜島の展望スポットとして非常に立ち寄りやすい施設です。

 そんな施設の中、おすすめしたいのは桜島を眺めながら浸かる足湯でしょう。

 足湯は当時日本一の長さと言う60mも続いていて、かなりの長さがあるのでシーズン時でもゆったりと浸かれると思います。 無料なので休憩ついでに気軽に足を暖めることができます。
 僕は入ったこと無いですが日帰り温泉でも湯船越しに桜島を眺められて、お値段も350円と良心的価格。

 ちなみにこの道の駅は2017年のトリップアドバイザーの道の駅ランキング第4位に選ばれたのだとか。
 ここから走ってすぐに桜島への分岐に繋がるので、桜島に行く前の情報収集施設として利用価値の高い道の駅です。

◆ 道の駅「たるみず 湯っ足り館」 ◆

案内:鹿児島県垂水市牛根麓1038-1

料金:足湯無料、大浴場350円(2019年10月HP確認)
バイク駐輪場:無料、四輪と共用

営業時間:足湯…10:00~日没
売店:9:00~19:00
温泉…13:00~20:00(最終入館19:30)
定休日:温泉のみ水曜定休(祝日の場合営業)
・その他については下記HPを確認

HP:道の駅「たるみず 湯っ足り館」

【訪問時期:2017年5月/最終更新:2019年10月】

★Googleマップで【道の駅「たるみず湯っ足り館」】を見る★

◆【九州・沖縄】の記事一覧へ戻る◆