【走/撮】 指宿スカイライン ★★★★ 【指宿~鹿児島】

九州・沖縄
スポンサーリンク

走りも良し、景色も良しの好条件スカイライン

 指宿スカイライン鹿児島ICから指宿市の頴娃(えい)ICを結ぶ有料道路です。
 鹿児島ICからそのまま高速道路の九州自動車道や鹿児島道路に接続していたり、一部区間に限り自転車や原付も通行できたり、中山IC~谷山IC間は無料だったりとちょっとややこしい通行設定がありますが、混雑する鹿児島市街以南を大きく迂回できるのと道中の景色がとてもいいのでオススメの有料道路の一つになります。

 また、2019年10月より谷山IC~頴娃ICまでの区間は一律100円(四輪・大型車含む全車種)となり、従来の二輪最大料金だった420円(谷川IC~頴娃IC)から大幅値引きとなったことでより利用しやすくなりました。 ちなみに軽車両等(125㏄以下・自転車等)も同区間最大60円から一律10円と、最大50円値下げになりました。
 対して鹿児島IC~山田ICまでは消費税増税に伴い二輪は210円(ETC190円)に10円値上げとなりました(125㏄以下・自転車等は通行禁止)

 指宿スカイラインの道中はほとんどの区間で片側1車線の対面通行道路。ですが有料道路なだけあって規格もいいですし、交通量も少なめなので快適そのもの。
 アップダウンの激しい道中から時折見える鹿児島市街や桜島、さらには開聞岳の景色も楽しめます。

 ただし、指宿スカイラインの道中には道の駅やサービスエリア・ドライブインといった大規模な休憩施設はありません。 そのかわり、道中の見晴らしがいい所に小さな展望駐車場が点在していて上下線どちらからも立ち寄ることができます。 この写真もそんな展望駐車場から撮ったもの。ここの撮影場所がどこだったかまでは覚えてません・・・
 眼下には鹿児島市街を、遠くには錦江湾と桜島を見渡す絶景が広がっています。 こんな感じで展望駐車場がところどころにあるので休憩にはそれほど困らないかと思います。

 川辺ICから少し南に進むと錦江台展望公園という大きな展望公園があります ここから見る鹿児島市街と桜島が一番綺麗かも。 公園内も吊り橋があったりとかなり大規模で散策しがいがあります。

★Googleマップで【錦江台展望公園】の地図を見る★

 さらに南下して有料道路終点の頴娃ICを出て県道17号沿いに千貫平自然公園という展望公園があります。 ここからは開聞岳を背景に風車が点在する高原の景色を眺められます。さらに北側には桜島も遠巻きに見えるので、鹿児島で有名な2つの山を一度に見渡すことの出来る絶好のスポットです。

★Googleマップで【千貫平自然公園】の地図を見る★

 他にも小さな展望公園などがあるので詳しくは鹿児島県道路公社/観光ガイドを参考にしてください。
 適度なワインディングも楽しめる良くできた道路なので、ツーリングなら一度は走っておきたい道です。

◆ 指宿スカイライン (県道17号線) ◆
案内:鹿児島IC・・・国道3号鹿児島道路(自動車専用道)から指宿スカイライン方面へ
頴娃IC…県道17号を北上していけば自然に料金所へ着きます。

◆料金(二輪)
鹿児島IC~山田IC(126㏄以上のみ通行可)…210円(ETC190円)
谷山IC~頴娃IC…一律100円/125㏄以下及び自転車等は一律10円
詳しくはこちらを参照

バイク駐輪場:所々に駐車場や展望パーキングあり。いずれも無料

該当距離:約37km(鹿児島IC~頴娃IC)

◆交通規制等
赤線(谷山IC~頴娃IC)自転車・原付通行可能青線(谷山IC~鹿児島IC)及び谷山ICに接続する県道219号線は125㏄以下・自転車等は通行できません
※特に125㏄以下のバイクや自転車で谷山ICを利用する際は、非常に複雑なICかつ125㏄以下通行禁止の案内板が乏しいので、間違えて自動車専用道に入ってしまう可能性大です。
谷山ICに接続する一般道は県道219号線ではなく県道20号となります。

HP:鹿児島県道路公社/指宿スカイライン

【訪問時期:2007年8月/最終更新:2019年10月】

★Googleマップで各地点の地図を見る★
鹿児島ICから指宿へ(126㏄以上のみ) ◆ 谷山ICから指宿へ(125㏄以下はGoogleナビのルートオプションで不使用「高速道路」にチェック)谷山ICから鹿児島ICへ(126㏄以上のみ)125㏄以下が谷山ICを出て一般道(県道20)に進む用の地点頴娃IC
※上記IC以外にも複数ICあり、詳しくは上記HPを確認
※山田ICは鹿児島IC行きのみのハーフICです。現在フルICに向け工事中

◆【九州・沖縄】の記事一覧へ戻る◆