◆沖縄ツーリングに行くには?

九州・沖縄
この記事は約7分で読めます。
スポンサーリンク

愛車で沖縄ツーリングはハードル高め。でもレンタルバイクは安い!

 北海道とは対照的に沖縄でツーリングってあんまイメージ湧かないかもしれませんが、バイク乗りたるもの、せっかく沖縄に行くならばバイクで走り回りたい!
 ・・・って思うかどうか人それぞれなんですが、少なくとも僕はそう思ったので過去2回だけ沖縄本島を走り回るツーリングに出かけました。

 僕が走ったエリアは沖縄本島だけで、石垣島や宮古島などの離島へは行かなかったんですが、沖縄本島の各所を見て回るなら3,4日あれば十分だと思います。
 ぐるりと沖縄本島を一周するなら2泊3日、北側半分・南側半分などにエリアを絞るなら1泊2日あれば可能です。
 1泊2日でも駆け足で本島を一周することも可能ですが、ほとんど走るだけのツーリングとなってしまうのであまりオススメできません。

 また、沖縄には格安のゲストハウスがたくさんあるので北海道のライダーハウスのような宿に慣れていれば沖縄のゲストハウスを使う手もあります。 料金は大体1000円~2500円ほど
 ゲストハウスについてはこちらのHPで一覧にまとめてくれています。 また、じゃらん楽天トラベルに登録しているゲストハウスもたくさんあるので比較的簡単に見つけることが出来ます。
 ただ、那覇など市街地に近いゲストハウスはバイクの駐輪場が無かったりするのでそこだけ注意が必要です。

 さて、沖縄をバイクで走るには大まかに以下の方法があります。

①:飛行機+レンタルバイク
②:鹿児島まで自走+長距離フェリー
③:バイク配送サービス

手軽に沖縄ツーリングするならダントツオススメ「レンタルバイク」

 沖縄でレンタルバイクを借りる手段は、自分のバイクで走らなくてもいいなら沖縄ツーリングでは一番オススメの方法です。 僕も飛行機+レンタルバイクで沖縄を走りました。 最近は飛行機もLCCで安いし、出発初日にツーリングを始められるのも利点。

 レンタルバイクをオススメする理由は沖縄はレンタルバイク激戦区で価格がとても安いからです。 特に那覇市はレンタルバイク屋激戦区らしく、至る所にレンタルバイク取り扱いのバイクショップを見かけます。

 本土では250ccで1日1万円くらいが相場ですが、沖縄の相場は大体50ccで3000円/日 125ccで5000/日 250ccで6000円/日 750cc以上で10000円/日くらいでしょうか。 店によって結構価格にバラつきがあるのでよく調べてみるのがいいでしょう。

 そして沖縄でレンタルバイクを借りる事情としては、遊びや観光目的の他に短期の出張や住み込みで生活の足として借りる人も多いです。
 なので数時間単位のレンタルプランもあるものの、基本的に1日~1か月以上の長期レンタルがメインとなります。 そのため長く乗れば乗るほど安くなる店が多いです。

 例えば上の写真のフォルツァは、レンタルバイク業界の中でも激安と謳う「ジャスミン」(地図)というレンタルバイク屋で借りたんですが、ジャスミンなら1日で3800円、4日なら11130円という価格設定なので、250㏄ビグスクを4日間利用で1日あたり2782円で借りることが出来ました。 とにかく本土や北海道とは比べものにならないくらい破格の安さです。

 ちなみにレンタルする際に排気量をどうするか悩むかもしれません。
 那覇空港の南辺り~名護市手前まで高速が開通しているのと、最近は那覇市と名護市を中心に自動車専用道扱いの無料バイパスが順次開通しているので、特に那覇市内の混雑区間をショートカットするなら中型以上がオススメです。

 ですが、時間に余裕があるようなら125㏄でもさほど問題ないと思います。 実際、沖縄では50~125ccのスクーターが主流で中型以上のバイクはあまり見かけません。 特に乗りたいバイクが無いなら、125㏄~250㏄クラスで安く借りることができるでしょう。

 ただし、離島にレンタルバイクを持ち込む事は禁止している店がほとんどなのでそこだけ注意。 離島にもレンタルバイク屋はあったりするのでそこで借りましょう。
 また、ヘルメットやグローブ,雨具,荷造りロープなどは有料で貸し出してる店がほとんどです。 僕の場合は全部自前で持って行きました。

 荷物はバイクにくくりつけられるようなリュックやボストンバックなどに入れて行くか、メットインのあるスクータータイプにしましょう。 レンタルバイクにキャリアやフック類、スマホホルダーなどちょっと便利なグッズも付いてない場合がほとんどなので、その辺もどうするか対策する必要がありますね。

・沖縄のレンタルバイクは店舗数が多いうえに安いので手軽に借りられる
・飛行機を使えば出発初日からツーリングができる
・2~3日の休日でも沖縄ツーリングの計画が組みやすい
・自分の好きなバイクや気になるバイクで沖縄ツーリングを楽しめる
・自分の愛車で沖縄ツーリングに行けない
・保険代や保証代が別途必要だったり、事故・損傷があった場合の弁償が高くなることも
・ヘルメットやグローブなどの小物類は有料貸出の場合がほとんど。自分で持っていくにもそれなりのお荷物に
・乗り慣れてない排気量やタイプだとちょっと不安。車種に合わせて荷物を固定する工夫も必要

 どうでもいいんですが、レンタルバイクもしっかり「わ」ナンバーなんですね。 ちょっとびっくり。

東京・阪神発フェリーは旅客便廃止に。「鹿児島まで自走+長距離フェリー」

 以前はマルエーフェリーから東京航路・阪神航路の旅客船が運行していましたが、東京航路は2014年より、阪神航路は2017年より貨物便のみの運行となり、残念ながら現在は一般の利用できません。

 その為、沖縄に到着する長距離フェリーは同じくマルエーフェリーとマリックスラインの共同運航便による鹿児島港発着便のみとなってしまい、愛車と共にフェリーで沖縄に行く方法はかなり限られてしまいました。
 また途中、南西諸島へ立ち寄るため航行時間が23~25時間と、それなりの時間と覚悟が必要です。

・自分の愛車で沖縄ツーリングができる
・鹿児島新港まで九州ツーリングをしながら走ることもできる
・わりと貴重な?マルエーフェリーの船旅を楽しめる
・長期間のツーリングならレンタルバイクよりもお得な場合も
・鹿児島新港まで行かないといけない
・フェリー乗船時間が長く、短期間の沖縄ツーリングには向かない
・波の状況によっては飛行機よりも欠航率が高いかも?
・レンタルバイク+飛行機代よりも自走代+船代の方が高いことも
◆ マルエーフェリー&マリックスライン 鹿児島~沖縄航路 ◆
◆案内◆
鹿児島新港:鹿児島県鹿児島市城南町45-1 奄美・沖縄フェリーターミナル3階
※途中、名瀬(奄美大島)・亀徳(徳之島)・和泊(沖永良部島)・与論(与論島)の各港に寄港(住所等は省略)
本部港(沖縄本島):国頭郡本部町字崎本部5232
那覇港(沖縄本島):沖縄県那覇市通堂町2番1号那覇港ターミナルビル内

◆参考料金(2020年2月時点/二輪料金の他に旅客料金が必要)
・鹿児島新港~本部港
一等:27860円/二等:13930円/学割:11150円
自転車:2900円/原付(125㏄以下):5810円/自動二輪(125㏄以上):7250円
※「寝台A/B」と表示された部屋は二等料金に加え、別途6280円(A)/2080円(B)が必要

・鹿児島新港~那覇港
一等:29760円/二等:14880円/学割:11910円
自転車:2900円/原付(125㏄以下):5810円/自動二輪(125㏄以上):7250円
※「寝台A/B」と表示された部屋は二等料金に加え、別途6280円(A)/2080円(B)が必要

運行便数:1日1往復(マルエーフェリーとマリックスライン運行便含めて)

乗船時間:鹿児島~本部:約23時間/鹿児島~那覇:約25時間

HP:マルエーフェリー
HP:マリックスライン

★Googleマップで各地点の地図を見る★
鹿児島新港本部港那覇港

どうしても愛車で!と言うなら「バイク輸送」

 鹿児島まで行く時間もフェリーに乗る時間もないけど、マイバイクで走りたいんだ!ってわがままさんにはおそらくバイク輸送という方法しかないかと思います。

 沖縄までバイクを輸送してくれる業者さんは限られますが、とりあえず有名なのがバイク輸送で有名な「BAS」でしょうか。 全国各地のBASデポ拠点に加え、2りんかんやナップスなどの提携しているバイクショップにバイクを預けて沖縄デポ・那覇港デポもしくはライコランド那覇店まで輸送してくれます。

 で、参考に125~750㏄クラスのバイクを足立2りんかんから那覇港デポまで料金検索をしたところ、片道43670円というなかなかなお値段が出てきました。 あくまで参考料金なので車両サイズ等で料金が変わる可能性があります。
 あとはまぁ預けている間はマイバイクに乗れないなどのデメリットはありますが、どうしても愛車で沖縄ツーリング!と言う方はお財布と相談して試してみる価値はあるかも?しれません。

・自分の愛車でツーリングができる
・沖縄での受け取り&預かりをスムーズに行えば、短期間でも愛車で沖縄ツーリングが可能
・当然ながら費用は高額。預かり&受け取り場所や、箱類の設置による車体サイズ変更によってはさらに高額になることも
・事前にバイクを預けなければならない
・出発前に預けている間と沖縄から帰ってからバイクを受け取る間は、愛車が無い生活をしないといけない
・ヘルメットや荷物等は輸送不可なので各自持参しないといけない

【最終更新日:2020年2月】
◆【九州・沖縄】の記事一覧へ戻る◆