【泊】 バックパッカーズゲストハウス ボーダー名護 【名護市】

九州・沖縄
スポンサーリンク

名護周辺ではよくあるタイプの沖縄独特の住宅に宿泊

 バックパッカーズゲストハウス ボーダー名護は屋我地島や古宇利島に近い海岸沿いにあるゲストハウスです。
 独特な外観のコンクリート造りの建物なんですが、これが沖縄本島、とりわけ名護周辺ではごく当たり前の住宅のように見かける建物です。 沖縄ならではの一般的な住宅に泊まれるってのは意外と貴重な体験かも?

 入口入ってすぐのフロント&ロビー。 入って右奥の小さな受付がフロントとなっています。

 1階には個室部屋とトイレ・洗面台・シャワールーム、そして共同リビングがあります。 少々こじんまりながらもくつろげる小上がりのテーブルがあります。

 そしてそこら中に旅人の落書きが。 こういうの見ると本当に旅人御用達のゲストハウスなんだなぁって思います(笑)

 タイル調とピンクの壁が独特なシャワールーム。 広々としてますが、シャワールーム内に脱衣所と洗濯機があるので、うっかりシャワーが着替えに掛からないようにしないといけません。

 そしてドミトリールームに向かうには一度2階のベランダに出なくてはいけないんですが、なんとベランダに大きなベッドとハンモックが! こういう自由でゆったりできそうな設備があるのがまた沖縄のゲストハウスっぽいですね。

  2階から屋我地島を見渡す海も見えます。 時間があるときはここでゆったりするのもいいでしょう。

 そんなベランダに直結するかのようにドミトリールームがあります。 ドミトリーは男女別室で男性は4室ありました。 手作り風の木造カプセルホテルのような感じで、入り口は狭くて奥に長い造りとなっています。

 ドミトリー内はこんな感じ。 枕元に照明、コンセント、扇風機があります。 エアコンは夏期の21:00~翌9:00までは無料で、他の時間は3時間100円のコインタイマー式と言うシステム。
 2段ベッドの上の方だったんですが、直立のハシゴの上り下りがかなり怖かった以外は快適でした。 ただまぁさすがに防音性はないのでいびきがうるさいと丸聞こえでしたが(笑) 消灯は24:00ですが、24時間開いている別室のバーベキューハウスがあるのでそこで雑談することもできます。
 この日は宿泊客も少なくて旅人同士で会話する機会も無かったんですが、旅人との交流が深そうなゲストハウスなので旅人ライダーにオススメです。

その他情報

・バイクで約2分の所にローソン※地図※あり
・レンタルサイクル1時間無料/1日500円
・シャワー無料/洗濯機1回200円(洗剤付き)/乾燥機なし
・消灯は24:00、以降は別館のバーベキューハウスで雑談可能
・チェックイン後は24時間出入可能

・個室型ドミトリーは初めて沖縄のゲストハウスをご利用される女性はご遠慮とのこと
・キッチンの使用、自炊OK

◆ バックパッカーズゲストハウス ボーダー名護 ◆
住所:沖縄県名護市字呉我135
・国道505号から少し住宅地に入った所にあるので少し迷うかも?要下記Googleマップ参照

料金:ドミトリー1800円/個室ドミトリー2300円など
バイク駐輪場:建物前に駐車可(無料/屋根無し/砂利)

チェックイン/アウト:14:00~21:00/~10:00

TEL:0980-58-1811 (要予約)
・他にも公式HPや一部宿泊予約サイトでも予約可能

HP:バックパッカーズゲストハウス ボーダー名護

【訪問時期:2019年10月/最終更新:2019年11月】

★Googleマップで【バックパッカーズゲストハウスボーダー名護】を見る★

◆【九州・沖縄】の記事一覧へ戻る◆