魚介系とも違う、新しいジャンル?のラーメン「貝ガラ屋」【相模原市】

ラーメン
スポンサーリンク

濃厚な貝出汁ラーメンが味わえる「貝ガラ屋」

 JR横浜線の淵野辺駅周辺は大学が多くて学生で賑わっている町だからか、何気にラーメン激戦区で名前は有名なお店が結構あります。 今回はそんなラーメン店の中でも一際気になっていた貝ガラ屋に行きました。 JR淵野辺駅東側のアンダーパスと町田街道をつなぐ県道57号線沿いにあるんですが、店舗がやや敷地奥にあるのと県道沿いから看板などが一切無いので、初見だとかなり見つけづらいです。

 特に夜なんかはかくれんぼかな?ってくらい暗い中にあるので、県道沿いとは言え見落としちゃいます。
 ちなみに淵野辺エリアとは言え、駅から1㎞くらい離れているので徒歩圏内とは言いにくいです。

 なんか手書きの駐車場案内の看板がありますが、店舗前に車1台分(左側に寄せて)と、県道挟んで向かい側の月極め駐車場に5~6台分駐車場が確保されています。

 こちらが店舗向かい側にある月極め駐車場。 車止めの所に「貝ガラ屋」と書かれている部分がそうです。 敷地内はやや大粒の砂利なので注意。

 店内に入ると明らかに豚骨ラーメン屋の匂いとは違う独特な匂いがします。 確かに貝の匂いと言うか磯の香りとも違う感じ。 所々に巻貝とかサザエの貝殻があってさすが貝ガラ屋って感じがします。 テーブルにメニュー表がありましたが、最初の注文は入口入ってすぐ右手の食券機で購入。 基本メニューは濃厚牡蠣ソバと濃厚牡蠣つけ麺の2種類となっています。
 

 さほどつけ麺派では無いので濃厚牡蠣ソバ 830円を注文。
 見た感じはちょいと洒落た豚骨ラーメンっぽく見えますが、お味はまったくの別物。 想像以上に貝の出汁…と言うか牡蠣のスープの味がガツンときます。 「貝出汁」だとなんとなくあっさり系をイメージしてしまうんですが、「濃厚」と表示している通りに濃厚でした
 少しばかりは人を選ぶくらいのクセの強さはあるものの、変に突拍子もない味では無く本当に美味しいラーメンとして仕上がっています。

 麺は太ちぢれ麺で、少々加水率高めかな? ほんの少し柔らかめな状態でした。

 そして貝ガラ屋にはライスが無い代わりに、貝めし(小220円)があります。 これを残ったスープに入れてシメとして食べるんですが、別にこれ単品で食べても貝出汁が染み込んでいて美味しかったです(笑)

 魚介系ラーメンとか海鮮ラーメンなんかは数あれど、貝出汁スープのラーメンってのは全国でもそうそう無いのでは? そんな貴重なジャンルかつクオリティが高いって言うのはこのお店の強みなんだと思います。

◆ 貝ガラ屋 ◆
住所:神奈川県相模原市中央区淵野辺本町3-24-3 マンション色利 101
・県道57号沿いですが看板等は無く、かなり見つけにくいので下記Googleマップを確認

料金:濃厚牡蠣ソバ 830円/つけ麺1000円/貝めし(小220円/大420円)など

バイク駐輪場:店舗前に車1台分と向かいの月極駐車場※地図※に4~5台分あり。いずれも無料/四輪と共用
・月極駐車場内は砂利注意、店舗前も砂利&傾斜あり

営業時間:11:00~15:00/18:00~21:00
定休日:水曜・祝日の月曜

HP:twitter/貝ガラ屋
・最新の営業情報もTwitterを確認
参考HP:食べログ/貝ガラ屋

【訪問時期:2018年から数回/最終更新:2019年9月】

★Googleマップで【貝ガラ屋】を見る★

◆【ラーメン】の記事一覧へ戻る◆